製品

Hyper Command

製品概要

Hyper Commandは、高速・大容量ファイル加工編集ユーティリティです。大容量テキストファイル、CSVファイルの簡単な加工、編集、および大容量ファイルの条件指定による抽出やマッチングが、コマンドベースでプログラムレスで可能になります。

メリット・効果

  1. 簡単
    インストール後、すぐに使えます。
    コマンドなので、引数(データ処理のために必要な条件)を指定するだけです。
    セレクト(抽出)/ソート/マッチング/コントロールブレイク(集計)など、47機能を組合わせ、データを思いのままに加工することができます。
  2. 速い
    DBチューニングでは到達不可能なパフォーマンスを実現します。
    最新のPCレベル(マルチコア CPU + 高速 HDD)であれば、秒速1000万件の処理速度を実現することも可能です。
    実用上、DBのような検索件数の性能上限はなく、検索速度の著しい劣化も生じません。
  3. らくらく
    業務システムから出力した CSV/テキスト(固定長)データのまま扱えます。
    異なるフォーマットのデータを連結/集計する場合も、レイアウト変換機能やデータ形式変換機能を使えば自由自在です。
    CSV/テキストファイルであれば、直に読込み対象として処理・(別ファイルとして)出力します。LOAD時間は不要です。
    入力データの変化/出力データの変更要求があっても、多くの場合は引数を見直すだけで対応が可能です。プログラムでデータ処理をしている場合には、こうは行きません。

製品の特長

■コストダウン

課題

条件に一致するデータを
抽出(検索)したい

課題

プログラムで
解決する場合

プログラムで解決する場合 

Hyper Command
で解決する場合

抽出コマンドで
一発処理!
(開発コスト節約)

コマンド + 処理条件で実行します。
入力データが変更されても処理条件を変えれば対応が可能です。
プログラムソースを書き換えることに比べ大幅に省力化可能です。
運用コスト節約

■パフォーマンス

パフォーマンス(10~20倍の向上) 

H/Wの性能を極限まで引出すアルゴリズムにより可能としました。

■新技術

既存のソートとは別次元のソート(システム開発者にお勧め)

  • 複数キー指定、キー毎の昇順・降順指定可能
  • 数値でのソートが可能

    ソート結果CSVをEXCELで表示

  • 複数種類のセパレータを文字、16進コードで指定可能

Windows版・AIX版のみ提供です。(Linux版計画中)

製品詳細

■データマート作成

データマート作成 

■バッチ処理遅延対策

バッチ処理遅延対策 

■ログ・トレーサビリティ

膨大なログから情報を発掘・分析

  • アクセス履歴・トランザクション履歴などの証跡トレース
  • ウイルス感染アラートの調査
  • デジタル・フォレンジック

予算を抑えて、ツールを内製する際の処理エンジンとしてもご利用が可能

(例)監査ログの追跡調査

監査ログの追跡調査 

■プロフェッショナル・ツール

  • データ処理業・加工業で行う非定型データ処理に
  • 本番用の試験データ作成時、個人情報の高速マスク処理に
    (例)氏名の先頭2文字を除いて「○」文字へ変換
    電話番号の数字を全て「8」へ変換
  • デバッグツールに
     (例)バッチ処理異常時の未処理トランザクション抽出

    デバッグツールに 

 機能一覧

コマンドカテゴリ コマンド機能 コマンド 備考
文字置換 CSVファイルの文字列を一括変換する 1 chgcsv
ファイルの文字列を変換一括変換する 2 chgstr
ファイルの文字列を変換リストにより一括変換する 3 chgstr2 Winのみ
(ウィザード画面にはありません)
大文字への一括変換 4 upper
小文字への一括変換 5 lower
データ抽出 CSVファイルから条件に一致するCSVデータを抽出する 6 csvsel
CSVファイルから条件に一致しないCSVデータを抽出する 7 csvsel2
テキストファイルから条件に一致するテキストデータを抽出する 8 recsel
テキストファイルから条件に一致しないテキストデータを抽出する 9 recsel2
テキストファイルの任意のレコードを抽出する 10 filsel
固定長の大容量テキストファイルの任意のレコードを抽出する 11 filsel2
バイナリファイルの任意のデータを抽出する 12 binsel
ソート CSV項目をキーに指定してソートを行う 13 srtcsv Win、AIXのみ(Linux予定)
テキストファイルのソートを行う 14 srttxt Win、AIXのみ(Linux予定)
マッチング 2つのCSVファイルをマッチングして一致するCSVデータを抽出する 15 csvmat
2つのCSVファイルをマッチングして一致しないCSVデータを抽出する 16 csvmat2
テキストファイルをマッチングして一致するテキストデータを抽出する 17 recmat
テキストファイルをマッチングして一致しないテキストデータを抽出する 18 recmat2
レイアウト変換 CSVファイルの任意の項目をパターン変換する 19 csvexp
CSVデータのレイアウトを任意の形式に変換する 20 csvedt
テキストデータのレイアウトを任意の形式に変換する 21 recedt
テキストデータのレコードを複数に分割する 22 recspl
データ形式変換 CSVデータを固定長のテキストデータに変換する 23 csvrec
固定長のテキストデータをCSVデータに変換する 24 reccsv
可変長のテキストデータを固定長のテキストデータに変換する 25 verfix
改行文字のないファイルに指定バイト単位に改行文字を挿入する 26 verfix2
ファイル分割・結合 ファイルを分割する 27 filspl
2つのファイルをキー指定で結合する 28 trnmst
データ集計・重複調査 CSVデータの項目を集計(マージ)する 29 csvcmp
CSVデータの重複項目を削除する 30 csvcmp2
テキストデータの項目を集計(マージ)する 31 reccmp
CSVファイルの重複レコードをカウントする 32 csvdup
テキストファイルの重複レコードをカウントする 33 recdup
項目値検査 ファイルをパターン定義で検査する 34 patmat
データマスク CSVデータの項目をマスクする 35 csvmsk
プリプロセッサ プリプロセッサ 36 prepro
コードコンバータ JEF,UTF-8,UTF-16とShift-JISの相互コンバータ 37 jefcnv
utf8cnv Winのみ
unicnv
日数計算 基準日からの日数の加減算を行う 38 calymd
プログラム起動 ファイルの出現を契機にプログラムを起動する 39 ftpmgr
時間指定でプログラムを起動する 40 timmgr Winのみ
リモートシェル クライアントからサーバへプログラムの実行を依頼する 41 rcvjob Winのみ
sndjob
レコード調査 ファイルを16進数でダンプする 42 fildmp
ファイルのレコード数をカウントする 43 reccnt
ファイルのレコード数をカウントし標準出力に表示する 44 lincnt Winのみ
ファイル削除 指定された期間を経過したファイルを削除する 45 fildel
試験データ作成 大容量の試験用ダミーデータファイルを作成する 46 crtfil
crttxt
crtcsv
ファイル暗号化 ファイルを暗号化,復号化する 47 rjnenc

 対応OS

Windows Windows 2000 Professional ○対応 Solaris Solaris 10
(UltraSPARCベース)
○対応
Windows 2000 Server ○対応
Windows Server 2003 ○対応 Solaris 10
(IA32およびx64)
△予定
Windows Server 2008 ○対応
Windows XP Professional ○対応 HP-UX HP-UX 11i ○対応
Windows Vista Business ○対応 Linux Red Hat Enterprise Linux 5 ○対応
Windows Vista Ultimate ○対応 Red Hat Enterprise Linux 4 ○対応
AIX AIX AIX 5L ○対応 SUSE Linux Enterprise Server 9 ○対応
AIX 6.1 △予定 SUSE Linux Enterprise Server 10 ○対応

お問い合わせ

  • 製品についてお問い合わせ
  • 製品について資料請求
  • 製品のデモのお申込み

このページの上部へ