製品

LaserVault Backup

FAQ

LaserVault Backup

LaserVault Backup は

LaserVault Backup is available as an Appliance version that includes the LaserVault Backup software, iSeries Library, Windows server and storage.

LaserVault Backup は特殊な接続が必要となりますか?

LaserVault Backup はTCP/IPプロトコルで接続できます。また複数のホストや10GBイーサネットと接続できるため、より早くバックアップや復元が可能となります。

推奨するイーサネットカードの接続速度はどのくらいですか?

ギガビットより速いものをお勧めいたします。

購入前に試用することは可能ですか?

15日間のトライアル期間をご用意しています。
15日経過後は、新しくバックアップデータを保存することはできませんが、復元することは可能です。

OS/400とi5/OSのバージョンはどこまでサポートされていますか?

V4R3以降は全てサポートしています。

どのくらいバックアップデータを圧縮してくれるのでしょうか?

少なくとも4分の1以下にできるはずです。サンプルデータとして、オブジェクトは3.6、データベースの記録を含むライブラリでは8.0、プログラムは10.7で実行できました。
ユーザからも4xから12xに圧縮できたという回答がありました。

その他のi Series のジョブが遅くなることはありますか?

絶対ありません! 圧縮はサーバ側で行うため、圧縮作業によって i Series のジョブが遅くなることはありません。

圧縮作業中はその他のファイルのダウンロードに時間が掛かりますか?

そのような場合は、一度ファイルをダウンロードしてから LaserVault Backup による圧縮を開始してください。

i SeriesにSAVFファイルが書き込まれるのですか?

TCP/IP経由でサーバのディレクトリに書き込むためSAVFファイルは作成されません。
従って、i Series 上にSAVFファイルの保存場所を割り当てる必要がありません。

一般のテープドライブより速いのですか?Is it as fast as my current tape drive?

ユーザレポートによると、一つの1GBイーサネット接続でテストしたところ、LTO3ドライブと同様のパフォーマンスでありながら、LTO3より速く実行されたそうです。複数接続や10GBイーサネット接続であれば、高速で処理されるはずです。

どのようなメディアデバイスなら保存・復元が可能ですか?

外付けハードディスクやリムーバルディスク、USBドライブ、CD・DVD、NAS、RAIDなどどのようなデバイスでも対応しています。

制限はありますか?

TCP/IPに従ってください。またAS/400のOSはバックアップできません。
ほとんどのユーザーは90日間ごとに一度か大きな更新があった時にO/Sのバックアップを取るようです。

自分のAS/400のデータ容量はどのようにして見るのでしょうか?How can I see the size of my AS400?

下記コマンドに従って確認してください。
WRKSYSSTS - 画面の右上に表示されているシステムASP使用率が現在使用領域です。
WRKDSKSTS - 画面上に現在のシステム稼働状況が表示されます。

システムASP使用率とはどういうことですか?

ASPは補助記憶域もしくはディスクストレージの使用領域のことを示しています。システムASP使用率は補助記憶域におけるデータ保存の使用率を示しています。

バックアップファイルの最大容量はどの程度ですか?

LaserVault Backup は非圧縮でも数TBまでバックアップが可能です。
The only limitation you might run into is how much space there is on a single Windows volume, which can be up to 30 terabytes.

Can I copy the data catalog for a second backup?

Yes. You can copy the files to another server device. You must include the file ‘CATALOG.LVB’, which contains the pointer to the SAVF files. Each new SAVOBJLVB or SAVLIBLVB creates a numbered SAVF data file and a list with the extensions SVF and LST.

We have had success using SynchBackSE to backup our backups across the network, making second copies of our iSeries backups. You can also use it to copy across the Internet.

You can also set a second copy path in the Properties that will cause LaserVault Backup to write a second copy of the 'save file' after the download process.

LaserVault Backup Server を複数のサーバで使用できますか?

LaserVault Backup is licensed to imitate the virtual tape libraries it is designed to compete with. That means you need a license for each server that performs the SAV function. This helps us keep the price of the software as low as possible. When you license the software, we give you a key that corresponds to the MAC address of the TCP/IP adapter in the server, or to the hard drive serial number.

However, we realize that many iSeries users will want to use the software for off-site backup and file distribution. To help make this easier, you can use the LaserVault Backup Server software on as many servers as you want for restoring files to any iSeries server. You only have to license the software when you are saving files from an iSeries host.

So if you want to SAVLIBLVB and distribute the result to 5, 50, or 500 iSeries hosts, you only need one licensed copy of the LaserVault Backup Server software. Restore-only copies of the server software don’t get or need a license key and we cannot give them support.

容量を追加するにはどのくらいのコストが必要となりますか?

ドライブのコストは必要はありません。LaserVault Backup supports as much storage as you can attach to your server. At the present time, one catalog cannot span devices, but multi-terabyte RAIDs, SANs and NAS devices are available for servers. If you use our compression, you should see between 4 and 8 times the raw capacity of the device, in iSeries SAVFs. In a real world situation, a 500 GB drive should give you between 2 TeraBytes and 4 TB of iSeries backup storage.

今後リリースされるOS/400やOS/i5にライブラリを復元することはできるのでしょうか?

弊社でもIBM製品のバックアップとの復元を行っています。We are using IBM’s own software to do the saves and restores.
We expect IBM's software to remain compatible in future releases of the operating system, since they depend on its use also.

もしLaserVault Backup 気に入らない場合は、返品が可能でしょうか?

弊社では60日以内であれば、どのような理由でもソフトウェア製品の返品を受け付けております。So the answer is yes, in the first 60 days after install.

お問い合わせ

  • 製品についてお問い合わせ
  • 製品について資料請求
  • 製品のデモのお申込み

このページの上部へ