製品

Double-take availability

製品概要

Power Systems(AS/400) - System pのハイアベイラビリティツール

 Power Systems(AS/400) - System pのHighAvailability製品。 AIXをご使用のお客様のハイアヴべイラビリティを実現いたします。カレンダー仕様の画面を見ながら操作、切り替えができます。 「Double-take availability」は、AIXシステムの停止を最小限にするクラスタリング・ソフトです。

メリット・効果

クラスタリングを行うことで、データの破損やアプリケーションの障害、人為的なミス、 コンピュータの障害、日常的なメンテナンスや定期メンテナンスなど、 事業継続性に対する主な脅威を緩和することができます。

製品の特長

1. 操作は、カレンダー仕様の画面を見ながら、簡単に出来ます。

     

    2. 最大2ノードの構成。

    3. Double-take RecoverNowとの共用でご要求のRPO(戻したい時点)のデータ複製が、簡単に出来ます。

    4. 中小企業向けに開発
      ○安価
      ○システムリソースは最小限
      ○2ノードクラスターのみ

    5. 1クリックで切り替え
      ○自動でも手動でも可能
      ○操作・管理・メンテナンスが簡単

    6. 柔軟性
      ○Standalone HA Solution
      ○Double-take RecoverNowと組み合わせ可能

    導入事例

    Robein銀行は、Double-take availabilityをサポートしたVision Solutionsチームを賞賛します。
    我々のような銀行業界に対する益々のサービスと継続性を期待します。

    Ad Boumans, ICT Manager, Robein Bank

    製品詳細

    ■システムやアプリケーションを監視

    • Heartbeatとモニタリング機能で システムやアプリケーションの問題を判断します。
    • 問題が発生した場合、システム管理者に対して通知します。
    • 切り替えは自動も手動も可能。

    ■リカバリーに対する役割

     

     

    ■Double-take availabilityとDouble-take RecoverNowを組み合わせて使用


    最高レベルのRTO and RPOを実現

    Application recovery を自動で行いシステムの迅速な修復を行います。
    24/7 稼動を約束します。

    1クリックで切り替え可能ですので操作が簡単。

    ボタンを押すだけで同期状況を操作可能

    同期状況の確認が可能

    ■クラスタリングとレプリケーションの流れ

     

    Fail Over - Production Server Actions

    Cluster manager shuts down services on production server

    1. Stop primary application
    2. Stop database
    3. Flush LFCs
    4. Stop production agent

    Fail Over - Recovery Server Actions

    Cluster manager starts services on recovery server

    1. Change role of recovery server to production
      • Start database
      • Start primary application
      • Recovery server is now production

      Fall Back Actions

      Cluster manager initiates re-sync and fall back

      1. Start Recovery agent
      2. Initialize undo and redo logs
      3. Synchronize data
      4. Initiate failover process

      お問い合わせ

      • 製品についてお問い合わせ
      • 製品について資料請求
      • 製品のデモのお申込み

      このページの上部へ